女性と犬

愛犬も癌になる可能性がある|大切な家族の命を守れ

大切な家族を迎えるために

女の人と犬

ブリーダーによるペットの直接取り引きは、個体が育った環境を確認できる点が利点です。ブリーダーが扱うペットは、出産前に購入予約ができることです。この場合は、予約金が発生しますが、確実に購入できます。

Read More

購入するときは

ドッグ

ドッグフードは、まとめ買いなどをすると非常に重たくなってしまうので、買いに行くのは大変です。なので、ドッグフードの購入にはインターネット通販を利用するのがオススメです。口コミなども参考にしてみるといいです。

Read More

飼い主さんが出来る事

ドッグ

コミュニケーションが大切

人間に並び犬の癌も増えていて、治療も進歩しています。健康診断による早期発見も増えていて、犬の癌も不治の病ではなくなりつつあります。しかし人間との大きな違いは体調の異変を訴えられない事で、その手助けが出来るのは飼い主さんにかかっています。犬も癌を生じると人間と同じく何らかの変化を感じているもので、しかしながら犬によってその変化を表現する場合とそうでない場合があります。そして表現する場合でも、普段よく接する飼い主さんしか見極められない程度が多く、その変化をいかに早く見つけて対処するかがカギとなって来ます。そうした変化に気づくには、普段から犬とのコミュニケーションが大切です。何気ないしぐさも気に留めるようにし、癖や目の表情などもよく見ておくようにします。普段と違うしぐさなどが一定期間続くようなら、動物病院に行って検査するのも良いでしょう。

食生活が大切

増加の傾向にある犬の癌も、原因は食生活が影響していると言われています。言い換えれば、その点を注意すれば予防に繋がると期待出来ます。食事に関しては、犬に必要な栄養や食べさせてはいけないものを理解していれば手作りも理想ですが、市販の良質なドックフードを与えるのも理想です。昨今は無農薬や無添加といったドックフードも増えていて、幼犬用やシニア犬用といった年齢に応じたものも販売されているので適したものを選んであげます。また、癌の影響や他の疾患を抱えている場合には、それに応じた腎臓病用や肝臓病用などのドックフードもあり、その場合は獣医さんにご相談します。食が細い場合にはそれに応じた栄養管理もあり、その場合も獣医さんにご相談します。犬は癌に限らず何らかの体の変化を抱えると、食が細くなったり全く食べなくなる事がありますが、無理をして食べさせない時期も大切ですが時機を見て適切な栄養管理を行う事で癌を始め体調のコントロールをサポートしてあげる事も大切です。

ペットのお葬式

動物

茨城のペット葬儀サービスは、出張スタイルでも利用が可能です。自宅に安置してスタッフの到着を待つ流れとなり、負担が少なく済みます。その場で火葬、返骨されるのが現在多く見られるスタイルです。最近は様々な事情から、火葬でのペットの埋葬が選択されるケースが増えています。

Read More